敏感肌やアトピーの原因と対策【大百科】おすすめの化粧品教えます!

敏感肌やアトピーでお悩みのあなたへ!原因や対策の方法をご紹介しています。また敏感肌やアトピーで悩む私の家族も、安心して使えた化粧品なども教えます。

*

アトピーの痒み原因と止め方

   

アトピーには痒みが付きものだというのはみなさんご存じだと思います。

付きものと言うよりも「肌の痒みを引き起こすのがアトピー」と思われている方も沢山いらっしゃると思います。

その痒みの原因を断てばアトピー改善の最良策ですよね。

なぜ痒みは起こるのでしょう?

理由はさまざまですが一つに人間の皮膚には「かゆみ神経」が分布しています。

何らかの原因により皮膚炎が起こると、皮膚から神経を成長させる物質が分泌されます。

その物質で一番有名なのが「ヒスタミン」です。

アトピーの薬にも抗ヒスタミン剤があるくらいですからご存じの方も多いと思います。

ヒスタミンとかゆみ神経がくっつくとかゆいと感じるのです。

また炎症を起こした皮膚は膨らみ中がスポンジのようにボロボロです。

そこをかき破ると溜まっている汁が体外に出てしまいます。

アトピーの痒みはしつこいですよね?

ついつい掻き破ってしまい、そして悪化を繰り返す。

掻き破る事で更なるアレルギー反応を促してしまうと考えられています。

痒い事がストレスになり眠れなくなったり生活の質の低下は更なるストレスを生みますしストレスも痒みの原因になります。

最初の痒みをコントロール出来れば悪循環に陥る事もないでしょう。

 

痒み止め

アトピー治療では病院で処方される薬も市販の薬も「痒み止め」を使います。

痒みの根本的な原因は一つではありませんから根本治療は難しいです。

それなら痒みを止めて掻き破りを防げば悪化しないのではないでしょうか。

そのお手伝いをしてくれるのが薬です。

痒み止めの成分は主に「抗アレルギー剤」「抗ヒスタミン剤」です。

過度のアレルギー反応を抑える事と、かゆみを引き起こす成分ヒスタミンを分泌させない事が目的です。

しかし、それだけではまだまだ

肌を清潔に保ち、保湿をする事も大切です。

肌は乾燥すると痒みを引き起こします。

痒み止めを飲んでいても(塗っていても)保湿されていなければその効果も薄くなってしまいます。

自己治癒力も大切ですが、そのお手伝いをする事もとても大切な事です。

保湿をして薬を塗る、もしくは薬を塗って保湿をする。

正しく投薬すれば痒み止めは効果を発揮します。

しかし、医師や薬剤師の説明を聞かずに「ずっとこうしてたから」と自己判断で薬を使用すると、痒みが治まるどころか悪化し酷くなると薬の副作用まで起こってしまいます。

保湿をする事が痒み止めの第一歩だと思ってしっかりしましょう。

お勧めは「油分を使っていない保湿剤」です。

 

 

 

 - アトピーの痒み , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした