敏感肌やアトピーの原因と対策【大百科】おすすめの化粧品教えます!

敏感肌やアトピーでお悩みのあなたへ!原因や対策の方法をご紹介しています。また敏感肌やアトピーで悩む私の家族も、安心して使えた化粧品なども教えます。

*

ステロイドなどの副作用と強さ

   

使い方を間違った時ステロイドはどのような副作用を起こすのでしょう。

主な副作用は皮膚が薄くなる、血管が弱くなり皮膚が赤くなる、細菌やウイルスに感染しやすくなる、ニキビが出来る、でしょう。

これはステロイドの使い過ぎによる副作用です。

使用を中止すると治まります。

そして誤解してはいけないのが「ステロイドの外用薬ではほぼ副作用はない」事。

内服薬や注射では長期間使用すると出る確率は高くなります。

つまりしっかり医師にかかり必要な期間、必要な量だけを使用すれば問題ないのです。

都市伝説のように色々な副作用が叫ばれていますが、ほとんどがデマもしくは誇張した話です。

例えば、ステロイドは依存症になる、やめるとリバウンドがある、肌が黒ずむ。全て正解とは言えません。

例えば依存症にはなりません。リバウンドもしません。なぜならステロイドは炎症を抑える薬だから。

体質を直接的に治すわけではないのです。

炎症は見た目よくなったように見えても肌の中でくすぶっています。

その状態で塗る事を止めるとくすぶっていた炎症が表面に出て来ます。

まるでステロイドを止めた事によるリバウンドのように

そして炎症・痒みが治まる過程で必ず肌は黒ずみカサカサします。

まるでステロイドの副作用のようですよね。

ステロイドに強い副作用がある事は間違いないですが、どのような投薬方法だと副作用が起こるのか

しっかり学んで本当にアトピーに必要な治療をしましょう。

 

副作用の中でも深刻なもの

内服のステロイドを使用しすぎると様々な副作用があります。中でも深刻なものをいくつか紹介します。

1.易感染症

ステロイドは免疫をコントロールするため風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。投薬中は感染予防の薬を飲んだり、マスクや手洗いなどで予防が必要になります。

2.副腎不全

ステロイドホルモンは副腎皮質から自然に分泌されます。

その量以上を長期間内服すると自然に分泌されていたステロイドの分泌がなくなります。

そのため急に投薬を止めるとステロイドホルモンが不足し吐き気や頭痛、血圧の低下などの症状が出ます。

3.緑内障・白内障

長期に服用すると眼圧が上がる事があります。服用と同時に眼科にかかり調べる方がいいでしょう。

4.血栓症

出血を止める血小板の機能が進み、血管の中で血液が固まる血栓症が起こりやすくなります。予防薬を服用しないと脳梗塞や心筋梗塞の危険性も含みます。

他にもたくさんありますがあくまで「内服薬を正しく服用しなかった場合」に出る副作用ですので、外用薬と内用薬を一緒に考えないようにしましょう。

 - アトピーの薬 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アトピーの治療薬とステロイドについて

現在アトピーを完治させる治療薬はありません。 あくまでもその症状を抑える作用のあ …

市販されているアトピーの薬

          &nbsp …

非ステロイドと内服薬

非ステロイドとは「ステロイドを使用しないでアトピーを軽減さえる事」です。 ステロ …