敏感肌やアトピーの原因と対策【大百科】おすすめの化粧品教えます!

敏感肌やアトピーでお悩みのあなたへ!原因や対策の方法をご紹介しています。また敏感肌やアトピーで悩む私の家族も、安心して使えた化粧品なども教えます。

*

アトピーの治療薬とステロイドについて

   

現在アトピーを完治させる治療薬はありません。

あくまでもその症状を抑える作用のある薬だけです。

それでも痒みがなくなれば掻き破る事もありませんし、そうなれば症状が和らいでいくので治療薬と言っていいでしょう。

軽度のアトピー症状でしたら市販されている薬で充分効果は期待できると思います。

しかし、中重度の場合はやはり病院で処方される薬の方が効果はあります。

痒みを止める塗り薬とアレルギー反応を抑える飲み薬がありますので、両方を使用して症状が和らいだら塗り薬だけにする、など色々なパターンで使用できます。

また製薬会社によって内容が異なりますし、クリームタイプや軟膏タイプなどタイプも様々ですので、合わない薬を使用し続けるのではなく、合う薬を処方してくれる病院を探す事も大切です。

治療薬は痒くなってから塗るのでは意味が薄らぎます。

目で見える症状があるうちは痒みが無くてもしっかり処方された通りに塗りましょう。

そして保湿や食事・生活習慣など自分で出来るアトピー対処法を実践して行く事が

アトピーに根本から対応する基本なのですがね。

 

ステロイドとは

アトピーの治療薬で最も有名なものが「ステロイド」ではないでしょうか。

昔は主流でしたが現在はその副作用の辛さから「脱ステロイド」とまで言われたりします。

でもステロイドが何か知っていますか?

ただ、ステロイドをイメージと名前だけで嫌うのではなくその「効能」や「内容」を知っておく事もアトピーを知る上で必要な事ではないでしょうか。

ステロイドとは体内で作られているホルモンの一つで炎症反応を抑えたり、免疫バランスを整えたりします。

これを人工的に作ったものがよく言われる「ステロイド薬」です。

注射や内服薬、塗り薬など色々な種類があり抗炎症作用と免疫抑制作用があります。

つまり炎症を抑えて必要以上に免疫反応を起こす事を防いでくれるのです。

とても素晴らしい薬だと思いませんか?

しかし強い薬なだけに塗り方に決まりがあります。守らないと強い副作用に悩まされるのです。

この副作用の強さだけが独り歩きし「ステロイドは怖い薬だ」という認識になったのです。

ステロイドを使わなくても炎症が抑えられるのであればもちろん必要ないのですが、どうしても抑えられないのであれば「しっかり診察して説明してくれる医師がいる病院」に行ってステロイドの正しい使い方を知り使用するのもアトピー抑制の近道だと言えるでしょう。

 - アトピーの薬 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

市販されているアトピーの薬

          &nbsp …

非ステロイドと内服薬

非ステロイドとは「ステロイドを使用しないでアトピーを軽減さえる事」です。 ステロ …

ステロイドなどの副作用と強さ

使い方を間違った時ステロイドはどのような副作用を起こすのでしょう。 主な副作用は …